釜揚げしらす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

Karen Cheryl - Oh ! Cheri Cheri.

       
      

       
       
      

スポンサーサイト

このページのトップへ

Karen Cheryl Oh Chéri chéri 2011 Arenes de Dax flashmob

      
      

      
       
      

このページのトップへ

ジャパンカップ  普通に逃げ切り勝ち。

      
      
まっ 走破タイムだけ見れば凡戦だけどね。
      
ラップを見るとなかなかのもの。
       
中間に13秒台がひとつもなく、この馬場では
大半の馬にとってつらい消耗戦。
      
武豊騎手のファインプレーだね。
      
調子が抜群のキタサンブラックにとっても
この馬場が味方した。
      
この馬場と走破タイムでは、個々の馬について
特に評価すべき点は皆無。
      
やはり競馬はパンパンの良馬場が良いね。
      
      

このページのトップへ

DIANA KRALL "Just The Way You Are"

      
      

このページのトップへ

京都2歳S  ヴァナヘイム。

      
      
小倉の新馬戦で指摘されていたように、追うと
まっすぐ走らない危険性のある馬。
シュタルケには悪いがはっきり言ってヘタ。
浜中からの乗り替りが痛かった。
      
母系はエアグルーヴにつながるし、ルーラーは
力馬に見えてJCでは 2:23.5 32.7 。
3着ではあったが上がりは最速。
       
ルーラーに比べ血統にディープが入っているので
先は楽しみだが、サンデーRって、なにか国内の
G1ではイマイチ勝たせる気がないような ? 
      
そこだけが気になる。
      
      
      

このページのトップへ

今週も新馬戦が面白い。

      
      
土曜 京都6R D1400
      
      
 ○ ラビットラン    バルザロ 角居勝彦 吉田和美
      
      
日曜 東京4R 芝1800
      
      
 ○ オーロラエンブレム ルメール 小島茂之 シルク
      
 ○ ナイルストーリー  ムーア  堀宣行  吉田和美
       
 ○ フラワーシップ   武豊   須貝尚介 小林英一
      
 ○ ヘヴントゥナイト  福永   戸田博文 社台
      
 ○ ボムクレイジ    デムーロ 池添学  有田明生
        
      
今年の2歳馬はまだどちらかというとイマイチかも。
これからも有望な馬が出て来ることを期待したいね。
      
ところでエリザベス女王杯といい、天皇賞といい、
最近社台の吉田一族がすごいね。
     
今週も2頭、それも超一流厩舎からの出走。
       
もっとも走るのはあくまで馬自身だから、期待を
裏切ることも。
      
      
      

このページのトップへ

ジャパンC   とりあえず6頭。

      
本日木曜日はみぞれ模様、日曜も天気は怪しく。
パンパン良馬場での実力勝負は望めそうにない。
馬場に乗じる馬が出るかも ?
     
なにはともあれ、スロー展開なレースばかり
こなして来た古馬陣より、厳しいレースに
さらされて来た3歳勢から入りたいけれど、
菊花賞を勝っているわけでもないし。
      
悩ましいね。
     
サウンズとリアルの社台勢が睨みをきかせれば
他勢力は遠慮するかも ??
      
      
○ 12 サウンズオブアース デムーロ 吉田照哉
      
○ 14 レインボーライン  ルメール 三田昌宏
      
○ 16 リアルスティール  ムーア  サンデーR
       
      
○ 09 ディーマジェスティ 蛯名正義 嶋田賢
      
○ 10 トーセンバジル   内田博幸 島川隆哉      
        
○ 03 ゴールドアクター  吉田隼人 居城寿与
      
        
リアルスティールは母母から2000までと思う。
それに、サンデーRの牡馬は、ドゥラメンテも
壊しているし、イマイチ信用していない。
それでも一応社台だしムーアを乗せているので。
      
ディーマジェスティ、皐月賞の2000mがベスト。
菊花賞より天皇賞に出て欲しかった。
今回の2400はお世辞にもベストとは言い難いが
皐月賞馬に敬意を表して。
      
トーセンバジルは格が3枚落ちる。
普通なら買わないが、藤原調教師なので念のため。
         
ゴールドアクターはどうもローテーションが
気に入らないが、今の東京は合いそうなので一応。
                  
キタサンブラックは、宝塚の稍重で粘れず3着。
今の東京の馬場も状態は似ているのでパス。
      
ルージュバックは天皇賞で直線大外を突けずに
進路を失うミス。小柄な牝馬がこの舞台と馬場で
大外一気を狙ってもせいぜい3着と思うのでパス。
          
シュヴァルグランは、キタサンが稍重の宝塚を
ミドルペースで逃げた時に直線なすすべもなく。
宝塚9着がこのクラスでの実力と思うのでパス。     
      
            
            
      

このページのトップへ

Alison Balsom - Italian Concertos

      
      

このページのトップへ

Zulu Song - Miriam Makeba

      
      

      
       
      

このページのトップへ

hallelujah - Shin Fujishima

      
      

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。